スポンサード リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサード リンク

『ほえる犬は噛まない』 ペ・ドゥナ

ほえる犬は噛まない

ほえる犬は噛まない

「どんな組織にも、役に立たないように見えるが、常に必要な仕事をしている人たちがいる。その一方で、華やかに見えるが、実は卑屈に生きている知識人たちもいる。この映画では、例えば管理事務所で働くヒョンナムは明るさを象徴し、大学講師のユンジュは暗闇を象徴している。全く異なる立場の二人が同じ状況に置かれたとき視点が食い違う面白さ、対照的な反応を面白く描いてみたかった。(ポン・ジュノ監督/2000年/韓国映画/公式HPより

原題は『フランダースの犬』で、監督によればとくに意味はないそうだ。この歌を主人公が歌っていたから何となく映画の題名として使ってみたという。そしてこの映画の意図として監督が説明したのは↑のとおり。視点の食い違い、対照的な反応、ただそれを面白く描いてみせたかったと。

こんなに脱力していいのだろうか?
映画は何かを必ず主張して、人生に役立つようなエッセンスを散りばめる必要があると考えるだろうか。感動しました、それも1つの映画だろう、私もそんな時間が欲しいときもある。しかしそれだけが映画ではないはずで、すべての映画が感動する方向へと向かう必要はないはずで、私はもっと単純に考えている。描写するものが、たとえば人間が、そこに何某かの人間が在るのだと感じさせてくれるのならそれで良いと考えている。できれば新鮮な感覚で私の頭と心と体を幾らかは揺さぶってくれたら尚良いと望んでいる。これくらいの志で待ち構えているのだから、私の方こそ脱力しているのかもしれないが、笑。
ともかく、ポン・ジュノ監督の脱力加減が、むしろプラスに働いた、とても面白い映画だと思った。

(あらすじ)閑静な郊外のマンションで、連続小犬失踪事件が発生する。自分の手で犯人を捕まえようと奔走する女子事務員のパク・ヒョンナム(ペ・ドゥナ)。彼女は平凡過ぎる自分の人生に退屈していた。一方、いつまでも大学教授になれずにいる甲斐性の無い男、コ・ユンジュ(イ・ソンジェ)は、思い通りにならない自分の人生に苛立ち、うるさく鳴く犬を、つい黙らせてしまうのだが…。


犬をめぐり、2人は正反対に動いて行く(監督の言う「対照的な」)。こちらに見せる、それぞれの表情が違っていて面白いのだと思う。どう動いて行ったか、それはキッカケに過ぎない。動いたことで見せる表情が面白い。つまりストーリー追いで見て行くとすれば動き自体が問われることになるが、それによって見せる表情が面白いとなれば、2人の人間性をそれぞれに味わっているということになる。脱力したはずが、じつは王道、ど真ん中を行っていることに気づく。監督は実験し、人間性を炙り出しているのだ。
かといって、その人間性が私たちの人生に何らかの役割を果たすべく表現されたものかと言えば、ぜんぜん違っていて(笑)、おそらく、この辺りの理由から、腐す記事が書かれるとすれば、「なにを言いたいのか分からない」といったものになるだろう。感動する映画だけが映画だとすれば、なにを言いたいのかハッキリと赤丸で囲ってやるべきだった。

ポン・ジュノ監督の初監督作品だそうだ。
ひとつ1つのカットを大切に撮って、効果を計算し、順々に手作業で繋いで行ったかのような、丁寧に作られた映画だった。脱力してはいるが仕事は堅い。言い換えるとアイデアは柔軟に、確かな技術で。とても好感の持てる、面白い映画だった。

ポン・ジュノ監督作品
ペ・ドゥナ出演作品
スポンサーサイト

スポンサード リンク

『ブラッド・ダイヤモンド』 レオナルド・ディカプリオ

ブラッド・ダイヤモンド (期間限定版)

この赤土は 俺たちの命だ
この大陸で流された血の色だと言われてる
ここは故郷 お前は出ていかない


およそ2年もの製作期間をかけて、27か国以上からスタッフをかき集め、映画『ラストサムライ』のエドワード・ズウィック監督が紛争ダイヤモンドを映画にした。私はレンタルDVDで見たけれど、本編のあとに監督自らが映画『ブラッド・ダイヤモンド』について説明している。資料集めに現場での声、企画の練り直しと、そうとうに準備して取り掛かったようだ。舞台となるアフリカの小国シエラレオネのことは、世界地図のどこにあるのかスタッフの誰一人として知らなかったという。60年代までは静かな美しい土地だった。ダイヤモンドの発見が利権争いに火をつけ様相は一変した、と。

監督は企画書にこう記したらしい。「子供は宝石だ」
親子関係がこの物語の核となり、息子を探す父親の物語と、ダイヤモンドを探す男の物語を交差させようと考えたそうだ。「価値あるものとは何か」
なので、この映画は紛争ダイヤモンドを描くと同時に、親子愛を描いている。それをエンターテインメントとして見せようというのが監督の狙いだったようだ。

はじまって間もなくして、あの手を切る場面が出てくるが、これは象徴的な出来事で、ニュースで知っている“画”でもある。紛争ダイヤモンドと言ってまず思い浮かべるのがこの“画”だと思う。そして実際のRUF(革命統一戦線)の決まり文句がセリフとして吐かれることになる。
政府は投票させたい 投票には手が必要だ
だから手を切る

グロテスク。無差別に切り落とす。これはフィクションではない。いやフィクションの方が幾らかバイヤスをかける。それを映画の最初に持ってきている。紛争ダイヤモンドをエンターテインメントに作り変える必要があるのだろうか、という疑問が無きにしも非ず。手を切るというグロテスクな画が、親子愛と密売人の物語のなかで行き場を失っているかのようにも見える。物語に仕立てることで失くしてしまうものがある。そしてそのことこそが、じつは優先事項として先に語られるべきではないか。虚構と現実がぶつかり合い、落としどころを探している。この映画は探したままで終わってしまうのだが…。
パソコンを抱え 予防接種を済ませ 消毒液も持参でか
理想に燃えて?
君も“血のダイヤ”を売っている だれがダイヤを買う? 
大きな婚約指輪を欲しがるアメリカ人の女だ 
君らのご立派な雑誌に載ってる指輪を欲しがる
人を批判できるか 君らも加担してるんだ

ジンバブエ生まれ南アフリカ育ちの元傭兵である密売人ダニー・アーチャー(レオナルド・ディカプリオ)が、紛争ダイヤの密輸の実態を追うジャーナリスト、マディー・ボウエン(ジェニファー・コネリー)に矛盾を迫る場面だ。君らも加担していると、この映画を観た人すべてに訴えている。だから紛争ダイヤは買わないでくれ。2003年に紛争ダイヤを阻止する制度「キンバリー・プロセス」が出来た、これに目を通して清潔なダイヤを買ってくれと。映画の最後に流れる字幕には、「いまだに売買は続いているが、それを阻止するのは消費者である。シエラレオネは平和になった。しかしアフリカにはまだ20万の少年兵がいる」と訴えて終わっている。映画は現実と虚構の落としどころを探りながら、親子愛と密売人を交差させ、清潔なダイヤを買うように勧めて終わったわけだ。「パソコンを抱えて~」のくだりは、じっさいに監督が現場で言われた言葉なのだそうで、監督自らが言っているように、いまでもシエラレオネのことは分からない、と。
これだけ資料を集めて調査しても分からないと。分からないけれども優先事項として先に語られるべきことは、紛争ダイヤを買わないでくれ、ここだけ受け止めて貰えれば、それでよしとする、この監督さんらしい映画だと思った。ある意味欲がない、映画。『ラストサムライ』もそうだった。

物語としてみれば、手ぬるいかもしれない。しかし、分からない。性善説の話が出てくるが、そこが分からない。人間に闇などないとか単純だとか言ってる連中は手を切られてみればいいと思う。この監督さんが立ち止まってしまった場所に私も立ち止まってしまう。現実が重過ぎて失速した映画だと思う。だけど他にやりようがあったのか、どうなのか。紛争ダイヤを買わないでくれとしか言いようがないような…。

当時のシエラレオネには、大勢の元傭兵がいて、かつては紛争地域で活動していたが、アパルトヘイト終焉で行き場を失い、その多くがダイヤと武器交換に深く関わっていたのだそうだ。レオナルド・ディカプリオさんは現地でさまざまな人々と交わり言葉を覚え、元傭兵らしくガッチリとした体に鍛えて役に入っていた。英語が分かる人は字幕が付いたり外されたりしている所に気づく、らしい。ここはいったい、誰の、どこの、国なのか。俺たちの命の赤土は、出入りが多く、みんなに分け与えるたびに、血は流されていったのだった。(2007/アメリカ映画/公式HP

関連商品
デジャヴ
バベル スタンダードエディション
ディパーテッド (期間限定版)
ザ・シューター/極大射程 スペシャル・コレクターズ・エディション
ハンニバル・ライジング スタンダード・エディション
スポンサード リンク

Pagination

Utility

links

amazon

文学 韓国ドラマ 文学・評論 文庫新書 絵本・児童書 音楽 エンタメヘルス・ビューティー パソコン・周辺機器 ペット用品 洋書

rakuten

楽天市場 楽天ブックスTOP
楽天写真館 楽天トラベル
ホテル・旅館ランキング(全国)
楽天銀行  楽天カード
 

card

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。