スポンサード リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサード リンク

テレシネマ7! 北川悦吏子×ジェジュン(東方神起)

テレシネマ7 がついに公開です。以前、書いたとおり、とても良い企画です。
過去記事:ジェジュン(東方神起)×北川悦吏子 『天国の郵便配達人』

テレシネマ7とは何か。公式HP より。

2007年第2回東アジア脚本家カンファレンス(上海)に参加した日本放送作家協会員より発案され、日本放送作家協会・市川森一理事長と韓国KOFICEのシン・ヒョンテク理事長が共同企画者となり、日本放送作家協会の協力のもとに実施されたコンテンツの新しいビジネスモデルを提案する企画。日本の人気脚本家がオリジナル作品を書き、韓国の人気俳優・監督で製作する日韓共同制作の作品で、国境を越えて同じ感動を共有できるような作品を目指し制作。韓国では2009年11月5日より劇場公開。また、本年2010年は、日韓併合100年を迎える年です。本プロジェクトを通して、日韓友好の更なる懸け橋となることを願っております。



市川森一さんのインタビュー記事も。

「混血の子どもが魅力的でかわいらしいように、韓国と日本の長所を合わせた『テレシネマ』は魅力的なものにならざるを得ない」
さまざまな制約から韓国の地上波で日本ドラマが放映されていない状況のなか、ドラマの国籍を問わず良い作品が韓国で自由に紹介される可能性への期待も参加動機のひとつだとしたほか、脚本家が韓国俳優にほれ込んでいることも後押ししたと説明した。
日本は着物のように繊細なシナリオに強く、韓国は韓流ブームでもわかるように俳優が優れ、監督らの演出センスがいいということで意見がまとまったという。
<インタビュー>テレシネマに自信、日本放送作家協会の市川理事長



俳優さん方について、前記事にもチラと書きました。
「現代」を捉えきれないかもしれない『素直になれなくて』北川悦吏子・ジェジュン

スポーツで言えば、団体競技。たとえ有能な人材でまわりを固めたとしても、プレーする選手が実行できない素人に毛がはえた程度のレベルだと、勝てる試合にも負けてしまいます。ツイッター上では北川さん批判に終始していて、俳優さん方や演出などに言及している人を私はひとりも見ませんでした。ぜんぶ北川さんが背負っています。
それで今回、脚本を書かれた方々と、その代表作を思い出してみたのですが、もしかして日本ドラマはいつの頃からか、定かでないですけど、ぜんぶ脚本家が背負ってきたのではないかという気がしてきました。どんな選手がどのようにプレーしても響く、ゴロ球をトンネルしてもフォローできる脚本を、書かれてきたのではないかなぁ、と。制約アリ。それはもちろん。にしても、ひど過ぎやしないかと。脚本が、死んでしまい。

いまはBSやCSもあるし、世界中のドラマ、映画を気軽に観ることができます。好きで観ている人は、目が肥えてきますよね。そのなかで、韓国の俳優さんだけが世界でピカイチだとは思わないけれど、アジアでは上手い俳優さんに当たる確率がもっとも高いです。何度も書きました、韓国ドラマには上手い人がゴロゴロいます。新人、無名であれば特に、現場で厳しく求められ、画ができるまで何回でもテイクを撮り続け、できるまでやります。団体競技なので。うまくセリフを言えたかどうかじゃなく、ドラマ全体の意思を伝えているかどうかで「やり直し」が入ります。韓国ドラマの現場の熱意、熱気は大変なものです。昔の日本のドラマのように。この熱意、熱気を忘れてやしないかと、日本のドラマは問われているかのようです。

ところが、韓国ドラマと言うと、『冬のソナタ』の風評だけで(観てもいない)韓国ドラマ全体を解したつもりになり、韓国ドラマを観る人々の属性まで把握したかのような言い分が、いまだに一般論として根強いです。欧米のドラマだと観ていない人々の咄嗟の判断は違うのに。フシギですね。偏見なく、フツーに観れば、市川さんのインタビュー記事は、うなずけるものです。
韓国ドラマの現場の熱意、熱気。その現場で鍛えられてきた俳優さん方の演技。そこへ、日本のすぐれた脚本家。手を携えて、やってみよう! という企画です。ビジネスを介することで、嘘のない現実的な、友好の架け橋となります。

双方にメリットがあります。
日本側にしてみれば、まず、視聴率、利益ともに上まわる、韓国ドラマ市場に加わることができること。日本の脚本家を紹介できること。韓国内での日本ドラマ放送への可能性を探れること。
韓国側は、より一層、韓流を日本に定着させられる、というのが、いちばん大きな理由じゃないでしょうか。
どちらも利益が見込めるけれど、どちらかというと日本側が、多少、取り分が、多い感じがします。現状では韓国側が強いので。視聴率、利益ともに。収入の分配で、チャラかな!?
お客さんの側では日韓ともに、同じ作品を観る、というのが、いいと思います。TBSで現在放送中の『アイリス』のように、ロケ地を双方が行き来するのも、理屈じゃなく、ふれあいでの友好となるだろうし。ドラマや映画が秘めている、人を動かす力というのは、ほんとうに計り知れないものがあると思います。

テレシネマ7 天国の郵便配達人

ずらりと下に出してみました。
韓国の監督と俳優さん、馴染み深い方々ばかりです。ドラマや映画で観たことのある人ばかりです。ひとりひとり丁寧にご紹介したい誘惑にかられますが(笑)、ともかく韓国側は、バッチリです。あとは日本側の脚本がどうなっているのか、市川さんのインタビュー記事からすると、こちらも大丈夫だと思います。私も、観に行きたいです。

ジェジュンさんの相手役の、ハン・ヒョジュさんだけ少しご紹介を。
ソフトな女優さんです。凹凸だと凹。いったん胸のなかにおさめて、すーっと出てくる感じ。感情や思いが。なので押し出すときも、イヤな感じがないです。女性にも好まれる女優さんではないでしょうか。ただそのぶんパンチがないかも。ガッ!と射倒すような業の深い役だとチト苦しいかもだけど、たぶんそういう脚本にはなっていないと思います。タイトルが『天国の郵便配達人』だから。やさしく、ふわっと、ほろっと、泣かせる、そういう感じじゃないかと、勝手に、想像、笑。

天国への郵便配達人
監督:イ・ヒョンミン(「サンドゥ、学校へ行こう!」「ごめん、愛してる」「雪の女王」)
脚本:北川悦吏子(「ロングバケーション」)
出演:ジェジュン(東方神起)
    ハン・ヒョジュ(「春のワルツ」「イルジメ」)

トライアングル
監督:チ・ヨンス(「花いちもんめ」)
脚本:尾崎将也(「冷たい月」「夏子の酒」)
出演:アン・ジェウク(「星に願いを」)
    カン・ヘジョン(「オールドボーイ」「トンマッコルへようこそ」)

石ころの夢
監督:チャン・ヨンウ(「ホテリアー」)
脚本:中園ミホ(「ハケンの品格」)
出演:チャ・インピョ(「あなた、そして私」)
    キム・ヒョジン(「マジック」「誰にでも秘密がある」)

顔と心と恋の関係
監督:イ・ジャンス(「美しき日々」「天国の階段」)
脚本:大石静(「ふたりっこ」)
出演:カン・ジファン(「がんばれ!クムスン」「映画は映画だ」)
    イ・ジア(「太王四神記」「ベートーベン・ウィルス」)

結婚式の後で
監督:キム・ユンチョル(「私の名前はキム・サムスン」)
脚本:横田理恵(「ごくせん」)
出演:シン・ソンウ(「威風堂々な彼女」「初恋」)
    イェ・ジウォン(「オールドミス・ダイアリー」)
   
楽園
監督:イ・ジャンス(「美しき日々」「天国の階段」)
脚本:岡田惠和(「ちゅらさん」)
出演:チ・ジニ(「ラブレター」「宮廷女官チャングムの誓い」「春の日」)
    キム・ハヌル(「オンエアー」「同い年の家庭教師」)

19
監督:チャン・ヨンウ(「ホテリアー」)
脚本:井上由美子(「白い巨塔」)
出演:T.O.P(BIGBANG「アイリス」)
    ホ・イジェ(「宮S」)
スポンサーサイト

スポンサード リンク

「現代」を捉えきれないかもしれない『素直になれなくて』北川悦吏子・ジェジュン

Hard to say I love you~言い出せなくて~ (通常盤)


フジテレビ木曜22:00から現在放送中のドラマ、『素直になれなくて』。脚本家は、あの北川悦吏子さんで、ツイッタードラマでもあるらしく、おまけに東方神起のジェジュンさんまで出ている、というわけで、放送前から注目されていた、ドラマです。観ました?

私もツイッターの片隅で呟いているのだけれど、初回放送中のタイムラインがスゴいことになっていて、ドラマを観ながらの呟きが、1分間に何百という勢いで、ドドドッと流れていたようです。そのほとんどが否定的な意見で、ボロクソ、と言ったほうが、近いかもしれません(ハッシュタグ #sunanare)。

このようすを翌日以降のニュースがキャッチして、まとめ記事を各自出していました。
内容は、どこも、だいたい同じです。「ネット側」の意見をまとめているからそんなに違いはないです。多少色がつくていどで。北川さんの問題発言とかツイッターである必要ないとか、そんなところです。
一方「ドラマ側」の意見はどうかというと、「素直になれなくて」公式HP 内の、message を読むと、まるきり逆になっていて、称賛してます。否定的な意見は排除したのかな? まあ排除するでしょう(笑)、「ドラマ側」なので。

視聴者の本音が「ネット側」で、それを隠して「ドラマ側」が褒めた意見ばかり出している、と言いたいところですが、しかしそう単純には言いきれないところもあります。

なぜなら、「ネット側」の意見をよくみてみると、日頃からドラマが好きでみているとは思えないからです。意見は千差万別だけど、好きでみている人は、そういう反応はしないかも。「~だね」と書くだけで、その人のドラマのみかたがわかるでしょう。どうみているのかが、わかる。おおざっぱに書くと、単体でみてます、全体じゃなくて。もう少し立ち入って書けば、ドラマがみたいのじゃなくて、ツイッターがテレビでとりあげられているところをみたい、というふうな呟き、書き方でした。だからドラマが開始されてすぐに、ツイッターを探す目線でみているので、ツイッター関係ない(どこにもない)じゃん、ということになります。好みの問題で、おもしろいとか、おもしろくないとか言うのとは違って。
「ドラマ側」の意見のほうは、日頃から好きでみている人が多いのではないかと思わせるものでした。全体でみているし、登場人物に入って、あるいは入ろうとするような書き方であったから。

視聴者の本音と言う場合、もちろんどちらの視聴者の本音もそれに違いないです。
ただ「ネット側」はドラマというよりもツイッターへの期待が大きいようなので、登場人物が深く濃く絡むほど、ツイッターは設定に徹して消えていくから、不満を通り越して「もうみない」という流れになるかと思われます。じっさい初回のあの騒ぎに比べると、現在ではハッシュタグの数も減少方向ではないでしょうか。
みてない層がみなくなって、ドラマ好きの層がハッシュタグをつけて呟いているとすれば、現在のツイッター上のハッシュタグはそれほど腐したものではないと思います。登場人物に入り込んだもの、この先の展開を思うもの、などなど、通常どおりの(という言い方はヘンだけど)、ドラマをみた感想、呟きが、より多く流れていくと思われます。

視聴率 は、こんな感じです。
よいのかわるいのか、なんとも言えないけれど、10パーセント超えしてるから、ドラマ低視聴率時代の日本ドラマとしては、健闘していると言っていいかもしれません。

COMPLETE SET Limited Box TOHOSHINKI COMPLETE SINGLE A-SIDE COLLECTION+TOHOSHINKI SINGLE B-SIDE COLLECTION


ドラマ周辺のようすはこれくらいにして、
内容について、私なりに書いてみたいのですが。

まず、ハッキリさせておきたいのは、ドラマをやるのか、やらないのか。

やるなら、ツイッターは単純に設定なので、そのうち消えます。
いや消えないとドラマじゃないです。ツイッターで出会った登場人物らが関わり合いどう変化していくのか、それをみせるのがドラマでしょう。人間模様を描くのが、これぞ、ドラマ。関係性が深くなっていきます。深くならないと人間模様は描けないので。描くとは、隠された本音を描くということです。土足で踏み込むということです。

ツイッターという道具によって人間やその生活が変わりますか? 
道具によって表面的には変わったように見えたとしても、関係性が深くなる=人間を掘り下げていけば、昔々から、それほど人間は変わっていないものと思われます。古典と呼ばれる作品の数々が、いまでも焼き直されリメイクされていくのは、人間自体それほど変わっていないからでしょう。

といっても、ツイッターで出会っているから、そこは当然、考慮されるでしょう。
ツイッターである必要がないという意見がとても多かったけれど、では、ツイッターとは、どういうものですか?

ブログやミクシィやそういうのとどこが違うのかと考えてみると、ツイッターは、「速い」と思います。他と比べて速く伝えることができるのではないかと。「速い」ということが、他との決定的な違いではないでしょうか。

ドラマに戻ると、確かに「速い」です。関係性が「速い」。ツイッターらしさを、ちゃんと考慮して作られています。
しかし「ネット側」の思うツイッターらしさとは違っていたようです。もっと具体的に象徴的に、仲間内で「あ、わかる、ある、ある」と言いたくなるような、わかりやすい目印、そういうツイッターを期待し、探していたようです。
こういう目印は、まったく描かれていなかったわけではないでしょう。もっと描いて欲しかったのでしょう。先に書いたように、ツイッターを探す目線でみているから。

内容について、もう1つ。「みんな、どうしてツイッターをやっているの?」
ここから登場人物を起こしたとしたら、どうなるでしょうか。営業でID取得した人は抜きにして。
そっくりそのまま同じ人はいないでしょうけど。少なくとも、リアルな、という場合、この人物がリアルであれば、展開されていくドラマの場面が必ずしも現実的でなくても、ドラマはリアルになります。SF作品がリアルであるのと同様の理屈です。関係性が深くなる=人間を掘り下げていく、隠された本音が明らかになる、この本音がリアルであるか、どうか。
「みんな、どうしてツイッターをやっているの?」、この「どうして」を掘り下げていけば、ツイッターらしさも結果的に表現されていることになります。またこれが、職業を偽ったり見栄のツイートだったりなんだりで、ナイーブな人物像として描かれているので、「ネット側」には不評なのですが。

長くなりましたが、最後に、俳優さん方についても書いておきたいです。

私は東方神起ファンなので、正直、ジェジュンさんが出ると聞いて、ひやひやしました。メンバーのジュンスさんの言うとおり、人気者だからといって歌の人が演技の人に混ざってやるのはなかなか難しいだろうと、私も同感です。ファンだからといってオイショな記事は書けないし、ヘタだったらどうしようかと^^;
ところがどっこい、日本ドラマ内では、うまい方でした。ほっとしました。人物像ができていて、気持ちがよく伝わってきました。次、月9で主役、お願いします。ジェジュンさん、できそうです。

ジュンスさんが言っているのは韓国ドラマの場合ですね。うまい人がゴロゴロいて、みんな必死になって人物像を勉強してきます。体も作ってきます。睡眠時間2、3時間で撮影も過酷だし、ケガ入院常套の世界です。そこから勝ち残った俳優さん方が中心となって韓国ドラマは作られていくので、歌の人が、という話になるわけです。

日本ドラマ内では大丈夫、うまい、というのが、日本人として息苦しいところですが、ここはもう少し掘り下げて考えたいところです。

その前に、このドラマの俳優さん方についてザッと書くと、その人である必要がないと思います。
これ別ドラマで、別セリフを言っても、大差ないです。誰を演じているのか。わからない。さらさらさら~、と流れていきます。自然な演技の「自然」とは別物で、そこに在るという、どうにもならない「生」というか、あたりまえに引きずって歩いている影がないというか、そういうものが無言の内にないというか。ひっくるめて希薄ですね。これは希薄なドラマではないです。

演じられてしまったドラマから、北川さんの脚本へと頭のなかでもう一度組み立て直してみると、どうも違うような気がして。人物が、別人物になって、演じられているような気がして。だから、セリフも、スパッと入らない。あさっての方角から降ってきたような言葉に聞こえます。「ネット側」に叩かれるのはそういう理由もあるかもしれないです。

北川さんが用意したドラマ内の世界に、希薄な登場人物たちは、馴染まない。馴染んでいない。ジェジュンさんは入って演じていたけれど。彼は日本人ではなく韓国人ですね。日本人の俳優さん方が馴染んでいないところが重要です。

「ネット側」の批判を思い出してみると、「ドロドロした人間関係がイヤだ」という意見も多数見受けられました。
この意見と、希薄な俳優さん方の演技と。私は、符合するなぁ、と思います。

「現代」を描こうとして、踏み込めば、踏み込むほど、「現代」から遠ざかっていくとすれば、符合する、そこからツイッタードラマを展開していった場合、こちらで踏み込んでいったとしたら、別ドラマとなり、別評価が下ったかもしれない、と思ったりもしました。

Hard to say I love you~言い出せなくて~ (通常盤)
COMPLETE SET Limited Box TOHOSHINKI COMPLETE SINGLE A-SIDE COLLECTION+TOHOSHINKI SINGLE B-SIDE COLLECTION【初回限定生産盤】


スポンサード リンク

Pagination

Utility

links

amazon

文学 韓国ドラマ 文学・評論 文庫新書 絵本・児童書 音楽 エンタメヘルス・ビューティー パソコン・周辺機器 ペット用品 洋書

rakuten

楽天市場 楽天ブックスTOP
楽天写真館 楽天トラベル
ホテル・旅館ランキング(全国)
楽天銀行  楽天カード
 

card

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。