スポンサード リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサード リンク

東北新幹線全線開業に思う(2)

東北新幹線不要論は最初からあった。主な理由は採算が見込めないこと。当時の青森県知事は同等に掛け合うために、六ヶ所村の核燃料サイクル施設のことを、くり返し口に出して訴えたようだ。

東北新幹線だけでなく、北海道、鹿児島と、開業を予定している。新幹線は1つに結ばれる。
採算性はもちろん重要だが、今後開かれ選択される日本のカタチとして、鉄道の整備もまた同様に重要である。その時期はともかく、いずれ誰かがやらなければならないのだろう。

だから私は新幹線など必要ないとは思っていない。作れるなら作ったほうが良いに決まっている。

しかしこのことと全線開業によって青森県が潤うかどうかという問いは別だ。
たいていの場合、いっしょくたに論じられてしまう。新幹線は富の象徴として捉えられているから、最初からワンセットで理解するのだろう。なるほど、鉄道建設は雇用と収入を生み出すだろう、新幹線そのものは確実に利益を生み出す。問題は、開業後。交流人口がどれだけ増えて、県内の経済効果がどれほどのものなのかは不確実なのである。試算はあるが、あくまで試算である。そこで、「このチャンスを活かして」という幟が立てられる。「どのように地域の振興に結びつけるか」と、ここで、話は簡単に飛んでしまうのである。あとは「どのように」を皆で模索することになる。ここは飛んではいけないところではないか? 

「どのように地域の振興に結びつけるか」、この問いは、そもそも、おかしい。
いや新幹線に寄りかかり、期待をかける、ワンセット思考として受け取るのなら、納得できる。
だが本来は、結びつける以前に、結びつくから結びつくのであって、方法やPRなどによって突然に理由もなく結びつくことはない。そのように結びついたように見える事例であっても、それはすでに結びついているのだ。新幹線という巨額の資金を投じなくても、すでに結びついたものは当然、結びついてしまうのである。

話は簡単に飛んでしまったところに戻る。

ではどうやって不確実を確実にするのか。未来は誰にも分からないけれど、1つだけ明らかなことがある。
それは、青森県はいったいどこへ向かっているのか、という問いだ。

前記事で「戦略もなく」と書いた。戦略は根っこの理念に基づく。
向かう場所が曖昧で不確実であれば、戦略も然り。
現行どおりのPRでどこまで引っ張って行けるか。

東北新幹線全線開業で沸き立ち、経済効果を望み、結局はゼロ地点に引き戻される。
青森県はどこへ向かっているのだろうかと。

新幹線、戦略、未来、この3つのキーワードで思い出した。
アルビン・トフラー である。うんと若い頃に、ぼんやりと読んだ。
もういちど読み直してみた。


※具体的な数字、県関係者の談話などは、青森県の新聞、東奥日報から引きました。

スポンサーサイト

スポンサード リンク

東北新幹線全線開業に思う(1)

NHKニュースをみていたら、小さな子どもがインタビューに答えていた。
38年もかかって、嬉しいです、みたいなことを屈託のない笑顔で。

祝賀の雰囲気が出来上がっている。
腐す記事を書こうものなら水をさしてこのヘソ曲がりがと罵られるのがオチだ。
ちゃんと心得ていて、有識者たちは薄めた水で水をさす。
フル規格で開業させる信念で政権与党に訴えつづけた県選出国会議員らは、このチャンスをどう活かすか知恵の出しどころだ、若い人に期待すると、まるっと祝賀なコメントを出す。
あとは任せたよ!?(具体的に、どのように??)。

開業にあたり、県は巨額の初期投資をした。地方負担分は1千億円規模だ。
また線路が分かれてしまったため、平行在来線を延ばして(全国最長となった)存続させたが、そもそも赤字経営であるらしく、毎年の県負担額はこれまでの約3億円から約16億円まで膨らむという。現在、国からの支援策を要望中らしい。ちなみにこの在来線は快速が少なく運賃も値上げしたという。

新幹線を新青森駅まで繋げるために、関係者の努力と歳月と、巨額の資金とを充てたわけだが、先の在来線の利用客は新幹線のために我慢を強いられるカタチとなっているわけだが、すべては県の活性化、発展のため、新幹線を入り口として多くの可能性を夢見ているがため、県は開業効果について数値目標は設定していないというから、可能性を夢見るというよりも、具体的な戦略もなく、博打に出たと見えなくもない。

ともかく攻めのPR、青森県の魅力を発信、そして“おもてなし”のてんこ盛り。
あとは二次交通の充実など、知恵の出しどころといっても、これくらいで――。

書き忘れたが、
東北新幹線全線開業=観光客、仕事で来県、どんと増えて、県内潤う、という図式だ。
新幹線に乗って青森まで来てもらい、よければリピーターになってもらい、なんども足を運んでもらい、どんどん潤うという夢を見ている。夢を現実にするための具体的な戦略はない。「はやて」は、たじたじで、ホームに入って来るだろう。新幹線1つに重たい期待がかけられている。
 
スポンサード リンク

Pagination

Utility

links

amazon

文学 韓国ドラマ 文学・評論 文庫新書 絵本・児童書 音楽 エンタメヘルス・ビューティー パソコン・周辺機器 ペット用品 洋書

rakuten

楽天市場 楽天ブックスTOP
楽天写真館 楽天トラベル
ホテル・旅館ランキング(全国)
楽天銀行  楽天カード
 

card

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。