スポンサード リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサード リンク

米ドラマ『MAD MEN(マッドメン)』ジョン・ハム/エリザベス・モス/ジャニュアリー・ジョーンズ

マッドメン シーズン1[ノーカット完全版] コンパクトBOX [DVD]


アメリカのドラマです、マッドメン。

どのみち焼き直しに過ぎないと何度も書いたけど、ストーリーだけを観ている人々は意外に多い。もっとも大きなパイを狙えばストーリー頼みになるのかしらん。つねに観客を裏切ってゆくのはどちらも同じことだけど、さてストーリー頼みはどのようにして裏切り行為をはたらくのか。「あっ」と言わせるストーリー展開。けっきょくのところ米作は、ウルトラCを踏みはずし、ウルトラなんちゃらの崖を転がり落ちてしまった。ヨガ行者が、何時間もかけて小さい箱に入ったり、片足、頭の上、もう片方の足は反対側からまわして頭の上とか(股、裂けるぞ)、たいていのことでは「あっ」と言わなくなったので、これでもか、これでもかと奇抜なポーズを繰り出すしかない、ストーリー頼みのツラいところ。ドラマ、映画というより、素人スポーツ。わーきゃーで汗流してサッパリする後腐れのないスポーツなのである。これこそまさに「エンタメ」、それこそ狭義でツマラナイ。ともかくもう何年もこの調子だった。そのなかでもキラッと光る作品はまっとうに作られていた。『マッドメン』もその1つ。

60年代ニューヨークの広告代理店が主な舞台で、どんな話かと訊かれたら、これほどシンプルに答えられる米作は久しくお目にかかっていないだろうと、まず答えたい。はやい話が、「ある広告マンの日常」、説明は、これで終わってしまうのである。ストーリー頼みは虚脱し「仕掛けはないの?」とアッ気な表情かも。多少、色をつけて補足することもできる。当時の社会情勢、風俗など、いま観れば新鮮ではあるし、実在の人物、企業、商品、そのまま出てくるから、ちょっとした好奇心で面白みもあるだろうと。がそのていどの仕掛けでは、過去にたくさん作られている。というか、またしても焼き直し、過去と現在の落差で観せるなんて。また妻との離婚やら愛人やら、子どもとの関係、さらには職場での人間関係、駆け引きなど、「ある広告マンの日常」は動いてゆく変遷してゆく、ストーリーといえばストーリー。この流れ、このエピソード、いままでになかったか。ないわけないでしょう、先に書いたとおり。「ある広告マンの日常」。ほんとうに、これしか描かれていないのである。

ならどこが面白いのか。エミー賞、ゴールデングローブ賞、連続でもらえるほどに。
ストーリー頼みでないところが、面白いのだ。

千幾つの場面があるとして、そのうちの幾つを捨てて、幾つを残すのか。どう残すのか。この取捨選択が研ぎ澄まされていさえすれば、ウルトラなんちゃらなどやらなくとも一定以上の緊張感を保ちつつ、観客の感情を押したり引いたりできるはずなのである。私らが憧れた過去の米映画はこのように作られていたはずである。ただ通りを歩いているだけ、さっと影が見えただけ、なんでもない食事のシーン、これといって何もない日常の会話、姿は見えないけれども遠ざかっていく子どもたちの笑い声、日の出から日没、波の向こう側、荒野の馬、埃っぽい風景・・・、どれもこれも、冷めた頭でみれば、ウルトラなんちゃら的な仕掛けなど、どこにもなかったはずである。なのにどうして見入ってしまったのか。才能、技術は、構成力。じつは計算ずくの、飛び石の渡り方。1-5-10-47-62-71・・・というふうに飛び石を渡ってゆくと、その段差が空白となり、弱い電流のように緊張感が意識の外側で流れつづけ、しかもいっぱいの想像力を盛ることができ、登場人物たちは肉体をもって、そこに十分に存在できる、ホンに書かれていないところも含めて存在できる。過去作品はこのように作られてはいなかったか。マッドメンはこれに近いことをやっている。ドラマだから映画よりはいくぶん丸っこいけれど。

と褒めちぎってはみたものの、正直に言えば、シーズン1がよくて、2、3と、そのデキのよさに引きずられるかたちで減速、少々、ダレる。4から少しずつ息を吹き返し、現在にいたる。

放送は、AMCケーブルTV局。なにをやるかでモメて、それで初めての局オリジナルTVシリーズとして開始。ウケるのかウケないのか、どのようにやるのか、そのいちいちにおいて決断は正しかった。よくこれをやったなあ、と思ったりもした。



「あなたが思う恋愛は、僕みたいな男が創った。幻想だ。」
「誰かの偽りの人生が、周りを巻き込んで破滅する。」


スポンサーサイト

スポンサード リンク

Pagination

Utility

links

amazon

文学 韓国ドラマ 文学・評論 文庫新書 絵本・児童書 音楽 エンタメヘルス・ビューティー パソコン・周辺機器 ペット用品 洋書

rakuten

楽天市場 楽天ブックスTOP
楽天写真館 楽天トラベル
ホテル・旅館ランキング(全国)
楽天銀行  楽天カード
 

card

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。