スポンサード リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサード リンク

vittel を飲むことにする

CTの検査です、と言われて病院へ行ったのに、終わっても、造影剤を腕に刺したまま担架に乗せられて、2ヵ所検査室へまわされた。なにも聞いてませんが・・・。その傍らでCT係りが「あれ!?」とか言ってる。科に連絡を入れて確認してる。CT係り「・・・お互いに話が見えてませんね。いまそっちへ行きます」、とか言ってる。担架に乗せられたままの私はいったいどうすれば^^;

この総合病院はやっぱりどこかオカシイと思うな。システムの構築に一生懸命になりすぎていると思うな。その必要がないところまで決め事を決めてしまっている。責任の所在をはっきりさせたい、ってことと、できるだけ効率よくまわしたい気持ちは分かるのだけれども、結果として柔軟性がなくなり、人間がまわしているから細かいところで行き違いが起きて、ヘンに、おかしなことになっている。けっきょく患者が引っぱりまわされることになる。手渡される書類の山はいったいなに? ちょっとした注射くらい、全科対応の注射室でなくて、ここでやったらどうなんだ。予約センターへの予約の仕方を説明しているあいだに、ここで予約できるンじゃないの、とか。いつだったか一般外来で行こうとして、受付時間をききたくて電話を入れたら、3ヵ所、内線でまわされた。おまえ知っているだろー。何時まで受け付けているのかくらい、答えてはいけないの? そういう決まり!? 触れるところ、いたるところ、ヘンな病院だなぁ~。


←ここで箱買いしたよ(楽天)。
それで検査が終わって、飲まず食わずだったから、病院でvittelガブ飲みした。うまかった。カサカサ。身も心もカサカサ。うるおいが足りない。血管が細くて注射針がスッと入らずに、穴だらけにされるのは仕方がない。これは子どもの頃からで、かなり上手い人じゃないとデッカイ青痣が3週間ほど痛いの。すでに私の腕は検査が重なって青痣だらけなの。あざやかな赤が目にしみるね。vittel いいぞ。翌日調子が良かったぞ。なにごともなかったかのように洗い流してくれたのか、水は水として流し出す。ぜんぶの結果が出るまでは動けないから、病院を替えるにしても、いましばらくの辛抱さ。
「vittel」を楽天で検索する

スポンサード リンク

Pagination

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

links

amazon

文学 韓国ドラマ 文学・評論 文庫新書 絵本・児童書 音楽 エンタメヘルス・ビューティー パソコン・周辺機器 ペット用品 洋書

rakuten

楽天市場 楽天ブックスTOP
楽天写真館 楽天トラベル
ホテル・旅館ランキング(全国)
楽天銀行  楽天カード
 

card

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。