スポンサード リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサード リンク

『スマイル・アゲイン』 イ・ドンゴン キム・ヒソン 2/2

寝てるのか? 
ヨンギ――

俺は――
多くの罪を犯したようだ
出会った人をみんな泣かせてしまう
俺が ひどく 傷つけたから――

それで泣くのかな
俺は最低だから

でも――
彼女は泣かせたくなかった
彼女が泣くと母親が泣いているようで つらいんだ

ヨンギ
母親の――
においを憶えているか?
俺の母親は―― 
本当に いいにおいがした
他は全部忘れたのに 顔さえも忘れたのに
どういうわけか それだけは憶えてる
あの においだけ

だから――
彼女が好きなのかな

ヨンギ

俺 苦しいよ(15話)


夜。場所は教会。ダニちゃん(キム・ヒソン)を愛するジェミョン(イ・ジヌク)は、「ハジンを愛している君を愛しているから 」、僕を愛してくれなくても僕は待っているから、と言います。ダニちゃんはハジンに裏切られて傷ついています。気持ちはジェミョンへと傾きつつ揺れ動くか、という場面でした。

バックの音楽が消えます。カメラはハジン(イ・ドンゴン)の顔を映します。しんとした教会の外、マリア像がハジンの背後に見えます。いや背後というよりハジンと重なるように見えます。守られているのか守られたいのか。赦しを乞うのかすでに赦されているのか。それはマリア様なのかハジンの母なのか。マリア像の前にいるのは大人になった現在のハジンなのか、時間をさかのぼり知恵がつく前の、母と子が密着し同一だった赤子の彼なのか、どうなのか。そういう表現の後に、ハジンはフレームから消えます。

場所が変わってヨンギの部屋。ヨンギは同じ施設育ちの仲間でさえないチンピラですが、人はいい、素直ないい子です。無邪気な顔して寝ています。その横に腰を下ろしてハジンは気が抜けたように独り語りをはじめるのでした。それが↑に抜き出したハジンのセリフです。
この一連の流れで、見ていて私は涙が流れました。もう押して押して押して。ここは是非とも泣かせる場面ですが、そのとおりに私は泣いてしまいました。

オリジナル・サウンドトラック「スマイル アゲイン」

検索してみると、みなさまのご意見あまり芳しくなく。韓国での視聴率もそれほどでもないらしく。個人的なツボに入っていることは確かでしょう、それは自覚してます。そのツボを取り除いて考えてみても、それほどひどい出来だったとは思えないのだけれど。
たぶん、設定と、悪役が、仇となっているのかも。みんなに愛される設定やキャラっていうのはそう何パターンもないと思うんだけど、かならずそこを通らないと総スカンくらってしまうのだよなあ。もちろん作っている側は承知して、あれやこれやと仕込んで愛されるようにと持って行こうとしていますが、うーん、うまく伝わっていなかったようです。

単純に、放送回数が足りなかったのかも、とも思うし。せめて、あと10話くらい現実的に許されていれば、ハジンを中心としてその周辺事情を丁寧に描写できるし、ハジンの動きを止める要素、ドラマを面白く展開していく人間関係やらなにやらを、切り口の断面がスパッと鮮烈に見えるように持って行くこともできたと思うけど、こればっかりはスポンサーとの絡みもあるだろうし、作っている側にしても、どうにもならなかったのかもしれないですし。

それでこのドラマはどういう作りになっているかというと、
「におい」が中心になっています。

「におい」ですぐに思い出すのは『夏の香り』(ソン・スンホン ソン・イェジン)ですが。
あれは映像自体が、むせ返るほどの「におい」を発していて、あの緑、あのスコール、それをソフトかけた映像で、これでもかッ、ってほどに積極的に作り込んでいました。こちらはじっさいの景色を映し、そこから「におい」を立ち上げています。おいしそうな食事が並んだ映像を見て「おいしそう」だと思う、やり方は、これと一緒です。

『スマイル・アゲイン』は景色ではなく、心の動きや記憶などに通じた「におい」を立ち上げようとしていました。おいしそうな食事が並んだ映像はないです。これ式で映像を作るとすれば、過去の出来事を、もっと差し込む必要があろうかと。おいしそうな食事をじっさいに見せるように。しかしセオリーで言っても過去に戻ることは、現在進行形で動いているドラマの動きを止めてしまうので、あまりよろしくないかと。だから必要最低限の過去映像しか差し込まれていないのです。ここから見ている人が自分で組み立てて、「におい」を嗅がなくちゃいけない。そりゃ実写が強いですよぉ。『夏の香り』も面白いドラマでしたけど、分かりやすさがそのまま視聴率に反映してしまったという感じでした。

心の動きや記憶などに通じた「におい」、と書きましたけど、ドラマの中にそのまま出てきます。職業は調香師ですね。新しい香水を作るための会議の席上、コンセプトは記憶に通じた香水だと言っていました。そのものズバリです。『スマイル・アゲイン』の喉仏です。ここからハジンの心の動き、記憶へと、うまく繋げて行けば、ドラマの本線と合流して、太いパイプラインから(分かりやすく)流れて行くことになるのだけれど…、

ハジンの記憶(心の傷とか含む)と香水が、うまく合わさっていなかったのかもしれないです。職業は調香師、その必然性の、説得力に欠けていたのかどうなのか。いや調香師でいいと思います。先生が「香りは人の心を動かす力がある」と言いますよね。その通りです。でもどう人の心を動かしているのか、その動かしているさまを表現しないと分かりにくいかもです。私はハマって見ましたけど、笑。

これを説得力を持って表現するには、やはり放送回数が少ないのでは? 
分かりやすい話を分かりやすく語るのとは違って、もともと分かりにくい話を、できるだけ過去に戻らずに、現在進行形の中で具体的に表現して見せなくてはいけない。人間関係に絡めつつ。難しいですね。難しいことをやろうとしています。その意気込みも好きなんですけど。文句なしに素晴らしい作品も好きですけど、たとえ破綻したとしても、なにかやろうとしている意気込みが感じられる、そういう作品も好きです。

ダンヒ 俺が言っただろう
君と一緒なら 
もっと高く遠い所を目指さなくてもいいと

実を言うと―― 世間のヤツらを全員
踏みつけたいと思ってた
でも苦労して上がってみると つまらなく思える

君の手を取って 下の世界に 逃げたくなるんだ(20話)


ダニちゃんと出会って、ハジンの意識が変わっていきます。降り積もった世間への恨みが融け出して、なにもなくてもいいのだ、という所まで、辿り着きます。
「逃げたくなるんだ」と言いますね。通常、逃避とは、頭の上の方へ行きますが、ハジンは下へと行きました。下の世界に逃げたくなるのです。自分も世間の内の1人になる。ダニちゃんと共に世間の内の1人となる。否定し、突っぱねてきた世間とは、ハジンが抱える過去から現在へと繋がる現実のことで、それらをすべて受け入れてもいいかなという気持ちに変わってきたということです。
逃げる場所が下だということは、いかにハジンがギリギリの場所に立って、上ばかり見ていたのかという告白でもありますね。そういう人が、下へ降りて生きて行くには、抵抗もあるし、恐怖だろうなぁ、と想像しますが、ここでのハジンはダニちゃんと一緒だから、幸福感の方がより多く滲み出ていました。

このドラマは、「におい」を中心に据えて、人間関係を組み、ストーリーを展開させています。ストーリーはどうでもいいです。どうでもいいと言ったら怒られるけど。いやどうでもいいわけではないけれど(どっちだよ、笑)。それほど重要ではないということです。登場人物の心の動きが伝わってくればそれで十分です。じっさい私は不覚にも泣いてしまったし。ストーリー、設定重視の、いわゆる娯楽作品なんて、吐いて捨てるほどに大量生産されています。そっちはあまり好きではなくて…、あれでもいいし、これでもいいわけだから。自分では手厳しい視聴者だと思っていますが。

あとハジンがにおいに敏感なのは、ずっと母親のにおいを探しているからですね。それしか具体的に記憶している母親の手がかりがない。突飛ではないです。現実に、こういう人、居そうです。

最終話の、ほんとの最後の場面ですが、あれは、ほんとにハジンがやって来たの? セリフの感じではそうなんだけど、ダニちゃんの想像だとも解釈できるような…。浮かない表情が気になり、引っかかりました。もしや?

イ・ドンゴンさんの孤児の演技がとてもよかったです。
だれかの背後に立ち、こっそりとこちらを見ている、その佇まいが、世間から出されてしまった孤児としての悲しみとか恨みとか、寂しさとか、そういったものをよく表現されていて、よかったと思います。なぜか背後から見ています。正面ではなく隠れるようにして。
そしてなぜか目が吊り上がり、キツネ目になります。悲しみ恨み寂しさを抱えた者は皆おなじような目をしてこちらを見ています。イ・ドンゴンさんの、ちょっとタレ目のくりくりの目が、キツネ目になるとき、体全部で孤児となり、言葉にならない気持ちを世間へ向けて、吐き出しているかのようでした。私はこのドラマ、好きでした。

イ・ドンゴン amazon検索

スマイル・アゲイン DVD-BOX
B000KC82EO

スポンサード リンク

Pagination

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

links

amazon

文学 韓国ドラマ 文学・評論 文庫新書 絵本・児童書 音楽 エンタメヘルス・ビューティー パソコン・周辺機器 ペット用品 洋書

rakuten

楽天市場 楽天ブックスTOP
楽天写真館 楽天トラベル
ホテル・旅館ランキング(全国)
楽天銀行  楽天カード
 

card

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。