スポンサード リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサード リンク

予告編 『I come with the rain』 トラン・アン・ユン監督

夏至 特別版 青いパパイヤの香り ニューマスター版 シクロ

ベトナム系フランス人のトラン・アン・ユン監督が、香港、フィリピン、ロサンゼルスで撮影したという、『I come with the rain』 の予告編 (米仏合作映画) が出ていた。イ・ビョンホンさんのファンの方が書かれた記事からそのことを知り(感謝)、速攻で予告編を見てきた。ずっと気になっていたのは、以前目にした「あらすじ」だった。

(あらすじ)元ロサンゼルス市警察官で私立探偵のクライン(ジョシュ・ハートネット)は、日本人大富豪から行方不明の息子・シタオ(木村拓哉)を捜すよう依頼を受け、香港へ向かう。警察を辞職する原因となった連続殺人犯の記憶に悩みつつ、謎めくシタオの痕跡をたどっていくと、地元のギャング(イ・ビョンホン)とその愛人と出会うことになる。(参考)


これで見ると、キムタクさんが重要な役であることが分かる。クラインはシタオを探してあちこち出向いて行くのだから。どう映画にしたのか気になって見ていたら、なんと予告編ではキムタクさん自身が出ている場面よりも、彼の写真が映っている場面の方が多かった(印象に残った)ような気がする。それがすごくイイ感じで、トラン・アン・ユン監督のトーンのなかに、うまく組み込まれているように見えた。写真のキムタクさんが、なまのキムタクさんよりも演技している。そうかこういう手もあったのか! 
全編通しで見ないことにはなんとも言えないけれど、ひとまず予告編は凄く良かったと思う。
イ・ビョンホンさんはじめ、他の役者さんについては安心して見ることができた。

ジャンル分けすると、サイコ・スリラーに入るようで、ビョンホンさんの危険な雰囲気が、あの短い映像のなかでもピリピリと伝わってきた。やさしい物語だけが物語だと信じている方々にはオススメできない映画、笑。
「連続殺人鬼・私立探偵・救世主という、西洋世界の映画の“三種の神器”にこだわって、華美なアクション映画であり、かつ詩的なスリラー」だという。
正直、予告編をパッと見たとき、「ん?」、と思った。「あれ?」って感じ。間違えて飛んでしまったかと思うほど。でもすぐに納得した。これはトラン・アン・ユン監督である。
まず静かな映画。大理石の床に音もなくペルシャ絨毯を敷いていくような。そして外での撮影ともなると、この監督さん独特の映像が作られていき、人々の呼吸した流れのなかに登場人物たちを配置する。映像のなかに名もなき人々を映すことができる(←ここ上手く言えない)。もう1つ。映像が観ている人の肌に吸い付いてくるような感じがする。予告編が無機質な個室から入っていったから、この吸い付きを逃してしまったのだった。瑞々しいという言葉はちょっと違うような気もするけれど、もっと広い意味で、痛みも苦しみも含ませた瑞々しさがあり、それが映像ごと観ている人の肌にすーっと吸い付いてくると、私は感じているのだけれど…。これは過去作品、全部に共通して言えるのじゃないかな。ジャンルは関係なく。

と、勝手なことをつらつらと、笑。
ところで、いつ観ることが、できるの?
『HERO』は先日DVDで見たので、次は『I come with the rain』と、『いい奴、悪い奴、変な奴』を、ぜひ観たいです。

※画像はトラン・アン・ユン監督の映画
夏至 ←やさしくて観やすいかも
青いパパイヤの香り ←「静」熱
シクロ ←私はこれが好き

comment
namomo|
こんにちは!
この予告編みました。kairouさんが上で紹介して下さったあらすじ以上のの内容は分かりませんでした。その点でも良くできた予告編ですね。
なんだ…、これは…と印象に残る予告編だと思います。

「2年後」そしてマカオから香港へ。
写真のシタオはけっこう効果的ですね。
キムタクさんはどうかしら?と思っていましたが映像に上手く嵌っているようです。

私はトラン・アン・ユン監督の映画はまだ見てませんが、
予告編から察すると湿度を感じる映像だと思いました。(瑞々しいとは、やはりちょっと違いますね)
それと無性に嗅覚を刺激されるような映像だと…。
私はちょっと変な事を言ってますね。(^_^;)
映像自体に臭いはないのですが、映像がそれを喚起するんです。
無機質な部屋は無臭ですが、
ジャングルの中は緑の湿ったムッとする臭い。
スラム街や香港の場末?暗黒街?は酢えた臭いに弾薬が混ざったような…。
女性の濃厚な香水と油の臭いもします。(笑)あと血の臭い。
どうも良い香りではなさそうですが、観れば身体にまとわりついてきそうな気がします。
そんな魅力がこの監督の映像にはあるのかしらん。などと思いました。
やっぱりこの映画を観る前は、この監督作品を観るのやめます。
その方が、この湿った映像にどっぷり浸かれそうな気がしますから。

ビョンホンのキャラも謎めい見えました。。2面性のある役だそうですが、危険な香りいっぱいです。ラブシーンもありそうですね。
楽しみです。
ビョンホンの映画2本はまだ日本公開は決まってないようです。
どちらかというと「良い奴、悪い奴、変な奴」よりこちらの方が日本で公開されやすいような気がします。キムタクさん効果で。

もしかしたら…秋に撮影されるドラマの方が先に観られたりして…?!

ではまた。

kairou|
namomo さん、こんにちは。
やっぱり、日本公開は未定なのですね…。
検索すると、また色んな話が出てましたけど(苦笑)、キムタクさん効果で「奴」だけでも観たいですよね。壮大な感じがするから、映画館で。 

そのキムタクさんですが、おなじ日本人として心配しました、笑。
ビョンホンさんは大丈夫ですよね、どこへ行っても大丈夫だと思います。あの予告編ですが、向こうからこっちに歩いてくるだけで、役柄の親分の空気をまとっています。うわー、上手! 大丈夫でしょう、ってほんとに思いました。安心して観れますね~。

トラン・アン・ユン監督の映画ですが、私は「シクロ」が好きって書いたけど、これちょっと変わってる映画だからいきなりコレだと引いてしまうかも。クリックして確認してる人が多いから、namomo さんへのお返事に混ぜて補足させてください。「夏至」、こちらがオススメです。にっこり(汗)。

>予告編から察すると湿度を感じる映像だと思いました。

そうそう! そんな感じだと思います。嗅覚も刺激されると思います。

>映像自体に臭いはないのですが、映像がそれを喚起するんです。
無機質な部屋は無臭ですが…

うんうん(頷く)。

>どうも良い香りではなさそうですが、観れば身体にまとわりついてきそうな気がします。

そうですね、生理的に受け付けないって人も出てくるかもしれません。
商業的な映画のように、商品として美しくラッピングしていません、それが良いところでもあり、ツライところでもあり…。
今回は、予告編だけ見ると、血がいっぱい流れているようです。「三種の神器」の話が出てたので、きっと何か意味があるのでしょうね。楽しみです。はやく観たい。

>ビョンホンのキャラも謎めい見えました…

あのラブシーン、どうなんですか? 
ちょっと妬けますね、笑。

>もしかしたら…秋に撮影されるドラマの方が先に観られたりして…?!

地上波でやってくれないかなぁ…、って思ってますけど。
ペ・ヨンジュンさんのは、すみません、挫折しました。
ちなみに、前回の、イ・ソジンさんも挫折しました。
ビョンホンさんで挽回したいです(希望)。

スポンサード リンク

Pagination

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

links

amazon

文学 韓国ドラマ 文学・評論 文庫新書 絵本・児童書 音楽 エンタメヘルス・ビューティー パソコン・周辺機器 ペット用品 洋書

rakuten

楽天市場 楽天ブックスTOP
楽天写真館 楽天トラベル
ホテル・旅館ランキング(全国)
楽天銀行  楽天カード
 

card

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。