スポンサード リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサード リンク

『コーヒープリンス1号店』モドカシイ

みれば見るほどハマっていく韓国ドラマですが、
『コーヒープリンス1号店』のなかに、ハンソンの歌がフルコーラス入っている箇所があります。流れるかな、と思ったのだけど、フシギと流れずに、しぜんな感じで入っていました(余談、サントラ買うよ。)

やはり、映像がストーリー以上にストーリーを物語っているのだと思います。
だってストーリーは少女マンガによくある感じの、こまかく分析すると感想文がとても書きにくい内容であったにもかかわらず、韓国では大ヒットしたドラマだし、私も見て面白いと思ったし。なぜ面白いと感じるのかを、つい考えてしまうのですが・・・。
たとえばウンチャンは大食いでしょ。世の女性たちは太っちゃいけないとか思ってセーブしているでしょう。ウンチャンは男の子みたいに、ふるまっているけれど、世の女性たちは社会に「女性」を要求されて、ぶっちゃけ疲れちゃったなー、とか、ないですか? ハンギョルみたいな男性でも家ではちっちゃなオモチャで遊んでいる、そういう気持ち、分かるなー、とか。こういった映像がずーっと流れているわけです。だれと誰がどうなったとか、なにが起こって事態はどう変遷するのかといったストーリー上の出来事は、すべてこの映像の上に流れている、という作り方です。
大食い、オモチャで遊ぶ、これらは主にキャラ説明のためだと思われますが、それにしては入念にやっています、脱線しまくりで。ハンソンの歌もそうでフルで入れなくてもいいところで入れてしまうのです。
その脱線のなかでCGも使っていました。韓国ではブーイング。私は悪くないと思うけど、ほどよく気が抜けていんじゃないかと。でもブーイングの理由も分かる気がしています。他の脱線は、脱線ではなくて、ずーっと映像が構築してきた同テーマ内の映像であったから。CG部分は同テーマ内から確かに脱線しています、ただ笑える映像となっていました。

うーん、書けば書くほどあたりまえのことを言っているような感じになってしまいますが。
私も上手く言えなくて、モドカシイ、笑。

なんというか、ストーリーだけでは新しいものなんてもう出てこないと思うし、ドラマだけでなく小説でも映画でも、さぁこんどはどのパターンでどう見せてくれるのかとまず思うわけですよー。それで、あざとい感じ、ひねり過ぎて背骨が折れるぞという感じ、退屈と幻滅を行き来するわけですが。まだ韓国ドラマが救われるのは、俳優さん方の演技レベルが高いこと。脱線してもかまわないから、なにか面白いものを作っていこう、という底抜けの、作り手側の情熱です。まだまだ救われています。
『コーヒープリンス1号店』は映像が得意なことを、映像でなければ出来ないことを、強く意識していると思われます。その点が、とくに、可能性を感じました。

場、空間、そこへ集う人々、すべて主人公だった、と言ってみたいのです。

スポンサード リンク

Pagination

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

links

amazon

文学 韓国ドラマ 文学・評論 文庫新書 絵本・児童書 音楽 エンタメヘルス・ビューティー パソコン・周辺機器 ペット用品 洋書

rakuten

楽天市場 楽天ブックスTOP
楽天写真館 楽天トラベル
ホテル・旅館ランキング(全国)
楽天銀行  楽天カード
 

card

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。