スポンサード リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサード リンク

『ほえる犬は噛まない』 ペ・ドゥナ

ほえる犬は噛まない

ほえる犬は噛まない

「どんな組織にも、役に立たないように見えるが、常に必要な仕事をしている人たちがいる。その一方で、華やかに見えるが、実は卑屈に生きている知識人たちもいる。この映画では、例えば管理事務所で働くヒョンナムは明るさを象徴し、大学講師のユンジュは暗闇を象徴している。全く異なる立場の二人が同じ状況に置かれたとき視点が食い違う面白さ、対照的な反応を面白く描いてみたかった。(ポン・ジュノ監督/2000年/韓国映画/公式HPより

原題は『フランダースの犬』で、監督によればとくに意味はないそうだ。この歌を主人公が歌っていたから何となく映画の題名として使ってみたという。そしてこの映画の意図として監督が説明したのは↑のとおり。視点の食い違い、対照的な反応、ただそれを面白く描いてみせたかったと。

こんなに脱力していいのだろうか?
映画は何かを必ず主張して、人生に役立つようなエッセンスを散りばめる必要があると考えるだろうか。感動しました、それも1つの映画だろう、私もそんな時間が欲しいときもある。しかしそれだけが映画ではないはずで、すべての映画が感動する方向へと向かう必要はないはずで、私はもっと単純に考えている。描写するものが、たとえば人間が、そこに何某かの人間が在るのだと感じさせてくれるのならそれで良いと考えている。できれば新鮮な感覚で私の頭と心と体を幾らかは揺さぶってくれたら尚良いと望んでいる。これくらいの志で待ち構えているのだから、私の方こそ脱力しているのかもしれないが、笑。
ともかく、ポン・ジュノ監督の脱力加減が、むしろプラスに働いた、とても面白い映画だと思った。

(あらすじ)閑静な郊外のマンションで、連続小犬失踪事件が発生する。自分の手で犯人を捕まえようと奔走する女子事務員のパク・ヒョンナム(ペ・ドゥナ)。彼女は平凡過ぎる自分の人生に退屈していた。一方、いつまでも大学教授になれずにいる甲斐性の無い男、コ・ユンジュ(イ・ソンジェ)は、思い通りにならない自分の人生に苛立ち、うるさく鳴く犬を、つい黙らせてしまうのだが…。


犬をめぐり、2人は正反対に動いて行く(監督の言う「対照的な」)。こちらに見せる、それぞれの表情が違っていて面白いのだと思う。どう動いて行ったか、それはキッカケに過ぎない。動いたことで見せる表情が面白い。つまりストーリー追いで見て行くとすれば動き自体が問われることになるが、それによって見せる表情が面白いとなれば、2人の人間性をそれぞれに味わっているということになる。脱力したはずが、じつは王道、ど真ん中を行っていることに気づく。監督は実験し、人間性を炙り出しているのだ。
かといって、その人間性が私たちの人生に何らかの役割を果たすべく表現されたものかと言えば、ぜんぜん違っていて(笑)、おそらく、この辺りの理由から、腐す記事が書かれるとすれば、「なにを言いたいのか分からない」といったものになるだろう。感動する映画だけが映画だとすれば、なにを言いたいのかハッキリと赤丸で囲ってやるべきだった。

ポン・ジュノ監督の初監督作品だそうだ。
ひとつ1つのカットを大切に撮って、効果を計算し、順々に手作業で繋いで行ったかのような、丁寧に作られた映画だった。脱力してはいるが仕事は堅い。言い換えるとアイデアは柔軟に、確かな技術で。とても好感の持てる、面白い映画だった。

ポン・ジュノ監督作品
ペ・ドゥナ出演作品

スポンサード リンク

Pagination

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

links

amazon

文学 韓国ドラマ 文学・評論 文庫新書 絵本・児童書 音楽 エンタメヘルス・ビューティー パソコン・周辺機器 ペット用品 洋書

rakuten

楽天市場 楽天ブックスTOP
楽天写真館 楽天トラベル
ホテル・旅館ランキング(全国)
楽天銀行  楽天カード
 

card

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。