スポンサード リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサード リンク

『忘れられた日本人』宮本常一(2)

目次

  • 対馬にて

  • 村の寄りあい

  • 名倉談義

  • 子供をさがす

  • 女の世間

  • 土佐源氏

  • 土佐寺川夜話

  • 梶田富五郎翁

  • 私の祖父

  • 世間師(一)

  • 世間師(二)

  • 文字をもつ伝承者(一)

  • 文字をもつ伝承者(二)



大きく分けて、3タイプに分類できるかと。
学者らしい客観的な文章、まるで小説みたいな独白調、この2つを合わせたような内容で、形式にこだわらずに書かれたものと。
最初に載せた雑誌がさまざまで、それを1つにまとめたものだから書き方がさまざまだ、というだけの理由ではなく、あとがきを読むと、途中で何度か新たな意図が加わってしまい、幾度も手を加えたようすです。でもそれがなくても宮本氏は文体を統一しようなどとは考えないでしょう。象牙の塔的には統一した方が「らしく」てよいのでしょうけれど。
きさくな方ですね。飾らない、そのままの方ではないかと、書き方を見て、思いました。

それで、さっそくどこかを抜き出したいのですが。

まるで小説みたいな独白調では、たとえば「土佐源氏」です。
橋の下の乞食小屋で30年近く暮らしている、盲目の老人の語りを基調とし、宮本氏はこれに対して講釈することはなく、少しだけ状況説明を入れている、ていどでした。

この老人は、どうやってこの世に生を受けたかというと・・・、

「わたしはてて(父)なし子じゃった。母者(ははじゃ)が夜這いに来る男の種をみごもってできたのがわしで、流してしまおうと思うて、川へはいって腰をひやしてもながれん。石垣に腹をぶちあててもおりん。木の上からとびおりても出ん。あきらめてしもうていたら、月足らずで生れた。生れりゃころすのはかわいそうじゃと爺と婆が隠居へ引きとって育ててくれた。母者はそれから嫁にいったが、嫁入先で夜、蚕に桑をやっていて、ランプをかねって、油が身体中へふりかかって、それに火がついて、大やけどをして、むごい死に方をしなさった。じゃから、わしは父御(ててご)の顔も、母者の顔もおぼえてはおらん。気のついたときは子守りと一しょに遊んでおった。わしに子守りがついていたんじゃない、よその子の守りをしているおなごの子のあとをついてあそびあるいていた。(134p)」

生まれてから橋の下までの、長い年月を、老人は告白しています。ほんとはもっと長い話だそうですが。さいごは、この文章で終わっています。

「しかしのう、やっぱり何でも人なみな事はしておくもんじゃ。人なみな事をしておけば乞食はせえですんだ。そろそろ婆さんが戻って来る頃じゃで、女の話はやめようの。
婆さんはなァ、晩めしがすむと、百姓家へあまりものをもらいに行くのじゃ。雨が降っても風がふいても、それが仕事じゃ、わしはただ、ここにこうしてすわったまま。あるくといえば川原まで便所におりるか、水あびに行く位のことじゃ……。ああ、目の見えぬ三十年は長うもあり、みじこうもあった。かまうた女のことを思い出してのう。どの女もみなやさしいええ女じゃった。(158p)」

壮絶な人生を読むだけではないです。映画ドラマの感想文風に書けば、人物が立体的に描かれています。老人は悲しみに溺れてはいないから。人はこんなふうにして宿命を背負ってゆくのでしょう。

スピリチュアル系が強い現在では、トラウマかそれに似た言葉で言い表わされ、その言葉に巻き込まれて行くかのようにして端的に解体され、原因と結果を直線で結びつけられて、いとも簡単に結論が導き出されてしまいます。新興宗教が儲かる手口です。少年による凶悪犯罪のTVコメンテーターの身軽さです。知識らしい言葉で規定されることで、人はより単純な作りに作り変えられてゆくようです。
精神科医の小此木啓吾氏(Wiki) が言うように、生半可に知識だけ入れて操作すると、とても危険だということです。どの本に書かれてあったのか忘れてしまったけれど。

老人の話は壮絶だけど、豊かだなぁ、と思いました。
乞食よりも貧しい風景と、重ね合わせながら。

あと2ヵ所ほど抜き出します。つづく。

「宮本常一」を Amazon で検索する
「小此木啓吾」を Amazon で検索する

スポンサード リンク

Pagination

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

links

amazon

文学 韓国ドラマ 文学・評論 文庫新書 絵本・児童書 音楽 エンタメヘルス・ビューティー パソコン・周辺機器 ペット用品 洋書

rakuten

楽天市場 楽天ブックスTOP
楽天写真館 楽天トラベル
ホテル・旅館ランキング(全国)
楽天銀行  楽天カード
 

card

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。