スポンサード リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサード リンク

アデル(Adele)はいっぱいの背景を抱えてひとりで物語る

2012年第54回グラミー賞、うーん、どうですか。

日本では レディー・ガガ 姐さんが圧倒的な知名度を誇り、去年の紅白にも出てたけど、私がよく聴いてる全部英語のラジオでは、姐さんより断然こっちがよくかかってる。アルバム未購入の人でも全部聴いて知っているかも、と思うほど。

ライヴ・アット・ザ・ロイヤル・アルバート・ホール(DVD付)

新品価格
¥2,500から
(2012/2/12 23:21時点)


これまた懐かしいでございましょう。
そういうプロモーションで来てるらしい。

太ってるとか、声がデカいだけで表現力がないとか、世界は広いのでいろんなことを言われてますけど、あまり関係ないでしょう。

ガガ姐さんはこれでもかってくらいにサービス大放出のパフォーマンスで「表現」しますが(タイプが違います、姐さんはアメリカ的なエンターテインメントで素敵ですヨ)、

アデルはどっかと据わって肉体の内側から、真夜中の闇に灯る1本の蝋燭の、なぜかその灯りでなく、とろとろと溶け出すロウのような、それはきっと業のようなものを滲み出して「表現」しています。

彼女ひとりで物語る。背後に映像が見えます。
そこが凄いところ。

21(UK盤)
Adele

B004AB2JVI

関連商品
19
ライヴ・アット・ザ・ロイヤル・アルバート・ホール(DVD付)
2012 Grammy Nominees
Lioness: Hidden Treasures
Doo-Wops and Hooligans (Bonus Track)
by G-Tools

スポンサード リンク

高橋竹山は津軽の風景となる

津軽三味線 決定版


寒村に生まれた高橋定蔵は、麻疹をこじらせ半失明となり、小学校に入学するも2日でやめてしまう。将来を苦にした母は隣村のボサマ戸田重次郎のもとへ米1俵と布団ひと重ねを持たせて定蔵を送り出した。それから師匠とともに北海道、青森、秋田などを歩いて門付けをして生計をたてた。戸の閉まった家を一軒ずつまわり、三味線を弾く。よければ戸が開いて家の人が顔を出し、お米かお金を一握りくれる。泊まるところなどないからお宮の片隅に身を縮めるようにして寝たという。寒い日もあれば暑い日もあり、家のまえで三味線を弾くことすら、うるさく思う人もあっただろう。師匠から離れてひとりで門付けをするとき、さびしくなると、かならず三味線を弾いたという。稽古すると同時に三味線が定蔵を慰めてくれたのだ。定蔵はのちに竹山となって、ただの伴奏楽器だった一地方の三味線を独奏楽器まで高め、日本全国そして世界へと広めた。後年は弟子も抱えて生活もそれなりに豊かになったけれど、「おらあ、乞食芸人だ」と言っていたという。竹山は乞食芸人のまま、87歳で亡くなった。今年、2010年、高橋竹山は生誕100年を迎える。

高橋竹山オフィシャルサイトに詳細あり

竹山ひとり旅 [DVD] 高橋竹山・その人生~音は枯野をかけ廻り~ [DVD]


太宰のふるさとの新聞、東奥日報には、生誕100年を紹介するようなかたちで高橋竹山の特集記事を出している。作家の五木寛之さんと、映画監督の新藤兼人さんがインタビューに答えていて、もうこのまま全部載せたいくらい、おもしろい内容だった。おふたりのカラーもよく出ているし。ネットで出していないかと探してみたけれど、出ていないみたいで、残念。五木さんは、津軽三味線を歴史的・地理的に説明し、大きな視点で語っている。日本の伝統音楽は、弥生的なものと縄文的なものとの2種類に分類でき、津軽三味線は後者であり、大陸的な力強さがあるという。「地図をひっくり返し、日本海を黒く染めて考えると、沿海州から朝鮮半島、中国、それから北陸、全部入ります。12歳までピョンヤン(北朝鮮)で育ちましたが、そこで聞いたパンソリという歌の激しさと強さが忘れられない。その激しさと強さが津軽の民謡の中にあります。「じょんから」にも何にしても。同じ民謡でも、石川県金沢市では山中節とかお座敷芸的な民謡が多い。加賀百万石の大名文化だから。これに比べるとなぜか三陸海岸から南部、津軽にかけて大陸的なものが残っているのは非常に面白いです。奈良平安の音楽の中には朝鮮半島、中国大陸そしてシルクロードを経由してね、向こうから伝わってきた流れがあるんでしょうね。(東奥日報1月1日第3特集より抜き出し)」新藤さんは、過去に竹山の映画を撮るために密着して取材した経緯があるので、人となりに寄り添った語りとなっている。「楽天的というか、やっぱり度胸が据わっていた。この生活に耐えて生き抜く――という達観の中から生まれた楽天性なんですね。(略)竹山さんの三味線がどこか優しくてすごいのは、心に通じているから。(略)劣悪な生活で、野に泊まり、大衆からさげすまされて生活して。警官に追い払われ、寒風の下で冷たい飯を食べ、青年期を過ごして。どうして美しい心を持ったのかと思いました。(略)美しい心でないと美しい音は出ない。うまいだけじゃ出ないんです。(上と同じ)」

お三味線の聴き方は分からないけれど、私などが聴いても音がまろやかで、激しいなかにも優しさがあり、度量の広さみたいなものを感じる。その度量とは竹山の場合、そのまま地べたにつながっていて、悲しみも喜びも流した汗も涙も受け入れて染み込むしかない、後から振り返ってみれば、土地は豊かに肥え広がっている。山や川や、風や雪などが、吹きっさらしの家々の戸をたたく。竹山がたたくのではなく、それらがたたく。歩いた道なりにそって竹山は津軽の風景そのものとなる。新藤さんの言う美しい心とは地べたに染み込んだ後の地べたの美しさのことだろうか。厳しい気候と飢饉で痛めつけられた津軽の地の美しさ。竹山は津軽そのものであり、地の美しさを思い起こさせてくれる、やはり凄い人なのだと思う。

津軽三味線 決定版
竹山ひとり旅 [DVD]
高橋竹山・その人生~音は枯野をかけ廻り~ [DVD]
スポンサード リンク

Pagination

Utility

links

amazon

文学 韓国ドラマ 文学・評論 文庫新書 絵本・児童書 音楽 エンタメヘルス・ビューティー パソコン・周辺機器 ペット用品 洋書

rakuten

楽天市場 楽天ブックスTOP
楽天写真館 楽天トラベル
ホテル・旅館ランキング(全国)
楽天銀行  楽天カード
 

card

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。